学園広報誌「FLOW」:キラリ*Josho note

7  [2015.3.5 発行]

摂南大学 外国語学科 4年
田近 美咲  さん

「キラリ!JOSHO女子ノート」のページ7は、摂南大学の田近美咲さんです。今回も常翔学園のキャンパスでキラリと輝く女子を紹介します。

「たくさんの方々に支えていただきました」と田近さんは、4年間を振り返り語ります。課外活動団体であるメディア勉強会同好会では部長を務め、学生向けの広報誌や新聞の発行、地元自治体広報紙への寄稿など多岐にわたる活動を行っています。
メンバーが広報誌などの制作に取り組み始めたのは田近さんが2年の時。「取材や記事作成、編集など、一から制作を手掛けることは大変でしたが、寝屋川市の広報広聴課や大学の職員の方にはたくさんのアドバイスをいただき乗り越えてきました。自分がかかわった新聞が完成した時の喜びはひとしおで、支えていただいた方々に感謝の気持ちでいっぱいでした」。
現在、3月24日の学位記授与式の当日に発行する雑誌の制作を進めています。これは彼女の学生生活最後の制作物で、いわば4年間の集大成。今井光規学長のインタビューや「学食紹介コーナー」などを掲載予定で、「中学生や高校生にも読んでもらって、摂南大に入学したいと思ってもらえればうれしいな」と大学の魅力を多くの人に発信したいと意気込んでいます。

そんな彼女が現在熱中していることは、意外にも寺社巡り。
「昔から歴史好きで、今まで関西圏の20以上の寺社などを巡りました。心が落ち着く場所です」と目を輝かせます。
近年、御朱印帳を持って寺社巡りをする女性「御朱印ガール」が増加しており、田近さんもその1人。「お寺によって朱印や墨書が異なるので集めていて楽しいです」と魅力を語ります。

今春から保険会社に勤務予定。「事務職ですが、研修会が多く学べる環境が魅力です」と話します。
会社経営にも関心を寄せており、「今後は資格取得や実務経験を通してさまざまな世界を見ていきたい」と話す田近さんのキラリ輝くまなざしは、一歩先の未来を見据えています。

メインコンテンツに戻る

Copyright © Josho Gakuen Educational Foundation,2015.All Rights Reserved.