学園を創ってきた人たち

理事 奥村泰助

理事 奥村泰助

 奥村泰助は1890(明23)年4月、京都府に生まれた。1911(明44)年3月兵庫県立第一神戸中学校卒業後、京都府加佐郡役所に奉職し、1914(大3)年12月に京都府内務部土木課勤務となった。その間、勤務の傍ら立命館大法律科本科(夜間部)に学び、1916(大5)年に卒業。

 卒業の翌年内務省に転任し、河川局河港課・同河川課に勤務した。1921(大10)年内務省に勤務しつつ、日本大高等工学校(夜間)の講師を務めた。1922(大11)年3月大阪府に転じ、道路主事として内務部土木課勤務後、1924(大13)年12月大阪府豊能郡長に就任した。その後、大阪府の内務部土木課長、内務部商務課長および学務部社寺兵事課長などを歴任した。1935(昭10)年6月大阪市に転任し産業部小売市場課長、秘書課長を経て1937(昭12)年3月大阪府豊中市長に就任した。1940(昭15)年9月豊中市長を退任後、1942(昭17)年12月海南島海軍特務部に司政官として赴任したが、終戦後、郷里の京都府舞鶴市に戻った。

 関西工学専修学校創設当時は、大阪府内務部土木課勤務(道路主事)であった。

 関西工学専修学校創設後の学園とのかかわりは、次のとおりである。

  • 同校の理事・参事    創設当初〜1926(大15)年4月

  • 同校講師        創設当初〜1928(昭3)年

  • 同校予科科長      1926(大15)1923(大12)年2月〜1926(大15)年4月

  • 財団法人関西工学協議員 1926(大15)年4月〜1941(昭16)年6月

 1961(昭36)年5月死去。享年71。

  • 館長あいさつ
  • 常設展
  • 常翔ヒストリー
  • 利用申請書類
常翔歴史館
〒535-8585 大阪市旭区大宮5丁目16-1
TEL:(06)6955-7762
FAX:(06)6955-7761
e-mail:Rekishikan@josho.ac.jp