ニュース

2015年10月27日

10月30日(金)は創立記念日です。

 常翔学園の原点は、1922年(大正11年)10月に創設された「関西工学専修学校」です。今年、創立93周年を迎え、7年後には創立100周年を迎えます。

 学園が創設された頃の大阪市は、市域の大幅拡張にともない人口でも経済規模においても東京市を超えて日本一、そしてパリに次ぐ世界第6位の規模を誇っていました。「大大阪」とも呼ばれ、日本で最も産業も繁栄する都市でした。しかし、急速な都市化は繁栄をもたらす半面、都市基盤整備を支える技術者が不足し、これに対応できる技術者の育成が求められました。
 時代と地域の要請に応え、中堅技術者育成を目的に開校した「関西工学専修学校」。創設時の建学の精神のもと現在では、大阪工業大学、摂南大学、広島国際大学、常翔学園中学校、常翔学園高等学校、常翔啓光学園中学校、常翔啓光学園高等学校を設置する総合学園へと成長を遂げ、全体で延べ約27万3千人の卒業生が社会の各分野で活躍しています。

 この機会に常翔歴史館に足を運んでいただき、建学の精神や常翔学園創設時から今日にいたるまでの「学園のあゆみ」に触れてください。
 なお、関西工学創立10周年記念式典で片岡安理事長がご挨拶された内容が校友会誌第2号に掲載されています。今回、そのご挨拶文を添付しておりますのでぜひご一読ください。学園創設時の思いが直接伝わってきます。

校友会誌第2号.pdf

  • 館長あいさつ
  • 常設展
  • 常翔ヒストリー
  • 利用申請書類
常翔歴史館
〒535-8585 大阪市旭区大宮5丁目16-1
TEL:(06)6955-7762
FAX:(06)6955-7761
e-mail:Rekishikan@josho.ac.jp