学園広報誌「FLOW」:キラリ*Josho note

5  [2014.11.25 発行]

大阪工業大学 情報メディア学科 4年
足立 万耶  さん

「キラリ!JOSHO女子ノート」のページ5は、大阪工業大学の足立万耶さんです。今回も常翔学園のキャンパスでキラリと輝く女子を紹介します。

Web コンテンツ「川上村観光ツアー」を
プレゼンテーションする足立さん

パソコン上の画像を3次元で表現

「とても時間を掛けてFLASHを作りましたね」。今年1月、銀賞を受賞した「奈良県川上村をPRするWebコンテンツ制作」表彰式での審査員からのコメントは、何事にも妥協しない足立さんの長所を表しています。
卒業研究は、振動を用いて得た触感覚情報を3次元で表現することに取り組んでいます。力覚提示装置などを用いる「根気のいる作業」と苦笑しますが、1つのことにとことん向き合うことで、楽しさも生まれてくると話してくれました。

おっとりとした容姿からは想像できないほど、人一倍強いこだわりを持つ彼女ですが、PCで分からないところは周りにいる男子学生や教員にも積極的に教えてもらうなど、柔軟な姿勢も持っています。また、初めは抵抗があったと言う、キャンパス内で男子学生たちがゲームする姿にも「好きなことに熱中しているので良いんじゃないですかね」と、さらり。
周りの個性を引き立てる視点も持ち合わすようになりました。このような広い視野は自分では気付かなかったそうですが、友達の勧めもあり、3年の時に取り組んだ枚方キャンパスの学園祭、北山祭では、実行委員会副委員長を務め、メンバーをまとめました。

「学生生活を振り返ると、銀賞や副委員長と『2番手』に位置することが多かったですが、本音は誰にも負けたくない。1番になりたいと常に思っています」

来春からは、テレビやビデオなどのマルチメディア家電のソフトウエア開発事業を行う、AVCマルチメディアソフトに就職予定。「お客様のニーズに応えるだけでなく、期待以上、想像以上のプログラムを作りたい」と意欲を語る彼女の眼差しは、すでにキラリ輝く次のステージへと向かっています。

メインコンテンツに戻る

Copyright © Josho Gakuen Educational Foundation,2015.All Rights Reserved.