学校法人 常翔学園 公式サイト

〒535-8585
大阪市旭区大宮5ー16ー1

06-6954-4789

jigyou@ofc.josho.ac.jp

世のため、人のため、地域のための 学園であり続けるために 「志」をかたちに

学校法人 常翔学園 理事長 久禮 哲郎

 常翔学園は、1922(大正11)年、工業技術者の養成が急務であった時代の要請に応えるため創設された関西工学専修学校として誕生いたしました。爾来、建学の精神である「世のため、人のため、地域のために『理論に裏付けられた実践的技術をもち、現場で活躍できる専門職業人の育成』を行いたい。」を通して、国内外各分野に多くの多彩な人材を輩出してまいりました。これもひとえに皆様方のご理解とご協力の賜物と心から感謝申し上げます。

 今日では、本学園は大阪工業大学、摂南大学、広島国際大学、常翔学園中学校・高等学校、常翔啓光学園中学校・高等学校の3大学、2高等学校、2中学校に学生・生徒約2万3千人が集う総合学園へと発展し、学園全体でこれまでに輩出した卒業生数も約27万3千人を数えるまでになりました。

 しかしながら、わが国を取り巻く環境は大きく様変わりし、少子高齢化、人口減少に加え、グローバル化も加速するなか、わが国はこれまで経験したことのない困難な時代を迎えようとしています。なかでも、わが国が抱える財政問題が教育業界にもたらす深刻な影響が懸念されており、将来の学園運営を考えた場合、国の財源に頼ることなく自助努力による財政基盤の確立が最も重要な課題となります。

 このような状況のなか、本学園に課せられた使命は、社会との連携をより強固なものにし社会との絆を強めることで社会に貢献すること、また「人と人がともに支えあう社会」いわゆる「共助社会」をともに築いていくこと、そして一人ひとりの「志」を大切にする文化を醸成することであると考えます。今、学園では来るべき困難な社会を支え、また牽引していくことのできる、まさに世のため、人のため、地域のために貢献できる人材の育成を目指して、2022年の学園創立100周年に向けた長期ビジョン「New J-Vision22」を策定しています。「連携」「戦略」をキーワードに、より透明性の高い経営を推し進め、「質」「量」ともにバランスのとれた魅力ある教育の実現に向けて取り組む所存です。

 つきましては、各学校の強みと特色を生かした取組みにご賛同賜り、教育研究環境のさらなる向上が図られるよう金額の多寡にかかわらず一人でも多く恒常的なご支援を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。

学校法人 常翔学園
理事長
久禮 哲郎

Copyright © Josho Gakuen Educational Foundation,2015.All Rights Reserved

ページの先頭へ