学園を創ってきた人たち

理事 池田實

理事 池田實

 池田 實は1878(明11)年4月、福島県に生まれる。

 1904(明37)年7月東京帝国大学工科大建築学科を卒業し、大阪府に奉職した。警察技師、建築監督官、警察部建築課長などを歴任。1924(大13)年12月に退官した後は、池田建築事務所を開設した。大阪府在職中に今日の建築法規の母体ともいうべき「大阪府建築取締規則」を制定したほか、建築関係雑誌「都人」を発行した。また、1917(大6)年3月に片岡 安、武田五一らと日本建築協会(設立当初は「関西建築協会」と称した)を設立。設立当初から理事に就任し、同時に関西工学専修学校の講師も務め、「建築総論」を担当した。1923(大12)年12月から1年間理事長に就任した。また1927(昭2)年から関西高等工学校の講師として「建築法規」を担当した。

 都市計画大阪地方委員会幹事、同会臨時委員、大阪府女子専門学校(現 大阪女子大)講師、同校教授、京都帝国大工学部講師をそれぞれ歴任した。その他、建材協会会長にも就任している。

 関西工学専修学校創設当時は、大阪府警察部建築課長、都市計画大阪地方委員会幹事、日本建築協会理事および関西商工学校講師であった。

 関西工学専修学校創設後の学園とのかかわりは、次のとおりである。

  • 同校の理事           創設当初~1926(大15)年4月

  • 同校建築科長          1923(大12)年2月~1936(昭11)年11月

  • 財団法人関西工学の理事・協議員 1926(大15)年4月~1936(昭11)年12月

  • 浪速高等予備校の校長      1926(大15)年4月~1936(昭11)年12月

  • 関西高等工学校講師       1927(昭2)年4月~1936(昭11)年12月

  • 大阪高等予備校校長       1928(昭3)年4月~1936(昭11)年12月

  • 関西工学校専任講師       1934(昭9)年4月~1936(昭11)年12月

 1950(昭25)年4月死去。享年72。

  • 館長あいさつ
  • 常設展
  • 常翔ヒストリー
  • 利用申請書類
常翔歴史館
〒535-8585 大阪市旭区大宮5丁目16-1
TEL:(06)6955-7762
FAX:(06)6955-7761
e-mail:Rekishikan@josho.ac.jp